男女

ISO14001は早めに取得しましょう|情報漏洩を守る規格

特定の情報

電子機器

特定情報を盗もうとする標的型攻撃があります。ウィルス感染だけでなく、不正プログラムを実行してあらゆる情報を奪い取っていきます。大切な情報を守るにはオフライン状態でパソコンを使用した方が最適です。

Read More

機械を使う

メンズ

機密書類を処分するための商品

機密書類を処分する為の商品、機械といえば、シュレッダーです。シュレッダーとは、対象物を粉砕、切断する機械です。機密書類を復元が難しくなるレベルまでバラバラにするのです。 そうすると機密書類の機密を守ることができるようになるわけです。処分するためには、実は燃やすことがベストではありますが、火を使うのはリスクがありますし、バラバラにして、そしてそれもさらに分けて捨てることによって、かなり機密性は高くなります。 企業のみならず、個人でも機密書類の処分は必須です。処分の方法は色々とあるのですが、やはり物理的にバラバラにすることが一番効果的であることは間違いないのです。ですから、シュレッダーを使うわけです。

機密書類の処分をどうするかについて

個人であれ法人であれ、個人情報が記載された書類は適切に処理をしなければ悪用されたり、あるいは法人の機密書類の場合はその情報を持って悪用され、社会的信用の失墜につながる恐れもあります。 そのため、機密書類の処分はしっかりと行わなければなりません。 その処分方法ですが、機密書類の処分を専門的に扱う業者も存在します。シュレッダーなどを使用するわけではなく、ファイルなどをそのまま溶解する方法を取るケースが多いのが現状です。 溶解する方法であれば、ホッチキスの針や黒紐などもすべてまとめて機密書類ごと処分することが可能であり、しかもひもなどを取り外す手間などは一切かかりません。そのため、手間がなるべくかからない方法での処分ができる業者に依頼が集中する傾向があります。

機密文書を処分する際には、シュレッターや焼却処分をするのは確かに有効な方法です。その他には、社内での機密文書の管理方法を徹底するのが最適と言えます。ISO14001みたいな、ISO関連資格の中には、機密文書の取り扱いに関するものも存在します。機密が漏洩されるリスクを最小限に抑えたいと思ったら、ISO14001関連資格取得を目指すのも一つの方法です。

対策をする

社内

セキュリティホールと呼ばれる脆弱性対策はプログラムの更新などをして対策を行ないます。それでも完璧に対策できたとはいえないので、専門家に相談して対策をする必要があります。普段から対策をしておくとトラブルから身を守れます。

Read More

審査をする

システム

ISO9001取得のためには規格が適合しているのか専門家に審査をしていきますが、審査には時間がかかることもあります。取得までには1年半以上かかるとされているので、ある程度期間に余裕を持って審査をしてもらうことが大切です。

Read More