対策をする|ISO14001は早めに取得しましょう|情報漏洩を守る規格
レディ

ISO14001は早めに取得しましょう|情報漏洩を守る規格

対策をする

社内

あらゆる角度からの脆弱性対策が必要

脆弱性とは別名「セキュリティホール」とも言われており、ネットワークセキュリティや情報セキュリティに関して、その欠陥や仕様上の問題を主に指します。通常では、脆弱性が見つかるとソフトウェア開発会社がプログラム更新等を行い、脆弱性対策を行いますが、それも完璧な対策とは言えません。現状では何か脆弱性が発見される、それに対応する、また新たな脆弱性が発見されるということが繰り返されています。脆弱性は放置すると深刻な犯罪に繋がるのですぐに対応しなければなりません。また、脆弱性には技術的なものであったり、人為的なもの等、いろいろな種類があります。どちらも、専門家のアドバイスを聞きながら、脆弱性対策に高い意識を持たなくてはなりません。

脆弱性対策と犯罪対策の関係性について

セキュリティにおける脆弱性が見つかった場合、脆弱性そのものに犯罪性はありませんが、犯罪者はその脆弱性を突いてきます。よって、何らかの脆弱性対策が必要になってきます。その中でも私たちが特に行わなくてはならない脆弱性対策は、個人による管理をしっかり行うということです。意外にも犯罪者は、所謂「ハッキング」といった技術的なものを利用するよりも、組織内の人間が盗難や漏洩を行う、という人為的なものが犯罪に繋がっています。更にその人為的なものも、人による管理上の欠陥がその原因となっています。この事からも、私たちが一番意識しなくてはならないことは、いかにして自分や組織内の情報を外部に漏らさないようにするかということです。